Episode 4 ニューヨークの独立記念日

*こちらから音声も聞けます。

iPhone: https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1390904619

Android: https://castbox.fm/va/1302016

Web: https://ny-breeze.koelab.net/

 また、Google Homeに「OK,Google、最新のポッドキャストを使って<New York Breeze>を再生」

と呼びかけてみると、再生されます。

Episode No. 4 “Fourth of July in New York”

INTRO

Hey guys, how are you doing? I’m Chris from New York. My cohost in Japan is Shoko. Welcome to the “New York Breeze:” our podcast where you can hear about life in New York in easy to digest one-minute soundbites. Today’s episode is about one of our major summer holidays: the Fourth of July. I’ll talk about what we call it, what we make of it, and why New York City’s Fourth of July modern traditions are so important as our society becomes more diverse.

what we make of it  それをどう思うか  What do you make of this? これをどう思いますか?これをどう考えますか?

今日のエピソードは主要な夏の祝日のひとつ、つまりthe Fourth of July についてです。私たちがどのように呼ぶのか、どのように思っているのか、また、私たちの社会がより多様化している今、なぜニューヨークにおいて the Fourth of July の現代に息づく伝統がそんなに重要なのかについてお話します。

PART 1. Independence Day: What we call it and how we refer to it in conversation.

Independence Day is the name for our US federal holiday that commemorates the Declaration of Independence from Great Britain  in 1776, which was 242 years ago this year. Since it is a federal holiday, government offices and schools close; many businesses as well close for the holiday; and many people have paid time off. This year, the holiday fell on a Wednesday, making it impossible for people to take a 3day weekend. So this year, traffic was mild and a lot of people stayed close to home, myself included.  Most people do not say “Independence Day.” Instead, we call it “The Fourth,” which is short for “The Fourth of July.”  For example, “What are you doing for the Fourth?” Or “How was your Fourth?” And when saying goodbye to someone you might not see at a barbecue party or on the day of, we say, “Have a Happy Fourth” or “Enjoy your Fourth. Take care.”

refer to   1. 言及する 、 話題に上げる、引き合いに出す 2. 参照する 、 問い合わせる、尋ねる

declare 宣言する  declaration 宣言  commemorate 記念する, 〈記念日などを行事を行って)祝う

Paid time off (PTO)        Paid time off (PTO) is a benefit program offered by many companies which allows employees to take off for a specific number of days and still receive compensation. ( 出典ウィキペディア) 

独立記念日:どのような名前で呼び、会話の中でどのように使うのか。独立記念日は今から242年前、1776年の大英帝国からの独立宣言を記念した連邦政府の制定した休日の名称です。連邦政府の定めた祝日なので、官公庁や学校は休みになり、多くの民間企業も休みになります。今年は水曜日だったので3連休をとるのは不可能でした。それで交通量はそれほど多くはなく、私もそうですが、多くの人が遠出をせずに過ごしました。多くの人が独立記念日とは言いません。代わりにThe Fourth of July を短くしてThe Fourth と呼びます。たとえば、「the Fourth には何をする?」「 Fourth はどうだった?」 そしてこの日にバーベキューパーティーなどで会わない人と別れるときには「よい Fourth をね」とか「Fourthを楽しんでね。」などと言います。

PART 2. How we celebrate it — often not overwhelmingly patriotic.

The way we celebrate and interpret our holidays is diversifying as our society grows and changes. Again, depending on when the Fourth of July falls in the week, you might find people traveling or doing more mundane things like shopping. The traditional celebration for this summertime holiday is to throw a party with friends or family and enjoy some barbecue and beer.  It might also be the day to buy a car or shop for furniture because car dealerships and retailers offer huge discounts.

overwhelmingly  圧倒的に     mundane   ふつうの、ありふれた

どのように祝うのかーーー圧倒されるほど愛国的というわけではない。私たちが祝日を祝い、解釈するやり方は私たちの社会が成長し変化するにつれて多様化しつつあります。7月4日が何曜日になるかによって、人々が旅行をしているか、ショッピングのような日常的なことをしているか変わるのです。伝統的な祝い方は友達や家族とパーティーを開き、バーベキューやビールを楽しむことです。また、この日に車や家具を買いに行く人もあるかもしれません。というのも大幅な値引きをしてくれるからです。

Within families you may find differences of opinion on the state of our nation, and for that reason it’s often best to avoid talking politics on a day reserved for patriotism. Some families put a great deal of emphasis on the American tradition of political freedom and display the American flag with reverence. Activities associated with the day include anything from shopping, to watermelon or hotdog eating competitions, to backyard barbecues, to vacations, to paying respect to anyone who served our country with parades or a kind word or prayer.

with reverence   尊敬の念をもって

家族内でも、私たちの国の状態について意見が異なることがあります。そのため、愛国心のために確保された日なのですが、政治について話すのを避けることは1番よいでしょう。政治的自由というこの国の伝統に非常に重きを置き、尊敬の念をもって星条旗を飾る家族もあります。この日に関する活動は ショッピング、すいかやホットドッグの早食いコンテスト、裏庭でのバーベキュー、バカンス、パレードや祈りの言葉で国に貢献してくれた人へ敬意を払うことなど多岐にわたります。

 

PART 3. Fireworks

Unlike Japan, most states in America have outlawed fireworks. This may come as a surprise to hear this. It is ironic that on a day we are supposed to celebrate our freedom and liberty, playing with fireworks on the beach or in your own backyard requires a permit in New York as well as most places across the nation. So I was even further surprised the other day when I stopped by the Target store in Yonkers, a suburb north of New York City. They had a whole aisle full of sparklers (線香花火), bottle rockets(打ち上げ花火), firecrackers (爆竹). You name it, they got it. So when it comes to fireworks in New York City, the best thing to do is leave it to the pros. Since 1958 Macy’s department store annually sponsors a huge fireworks celebration that is always the largest in the country.  Massive amounts of fireworks are launched from barges on the East River and Hudson River. The views from Long Island City, DUMBO and Jersey City are incredible. People will set up spots early in the day like a Japanese hanami party. Then enjoy the show when the sun goes down.

Unlike ~,   ~とは違って、  outlaw を不法にする

you name it  [物の名を列挙したあとに用いて] そのほか何でも, どんなものでも.

ダンボ (Dumbo) ———Down Under the Manhattan Bridge Overpass(「マンハッタン橋高架道路下」の意)のアクロニムに由来する、ニューヨーク市ブルックリン区の近隣地区のひとつ。(出典ウィキペディア)

 

4thJuly_Manhattan-side
fireworks_Target-Store

花火 日本とは違って、アメリカのたいていの州では花火を不法としています。聞いて驚きですね。自分たちの自由を祝おうとした日に浜辺や裏庭で花火で遊ぶのにニューヨークでは許可が必要というのは皮肉ですね。これは全米ほとんどの場所でおなじです。それで先日ニューヨーク市の北部郊外の都市、ヨンカーズにあるターゲットストアに立ち寄った時にはさらに驚きました。店内のひとつの通路すべてが線香花火、打ち上げ花火、爆竹用でした。その他何でも揃っていました。ですから、この街で花火に関しては、プロに任せるのが一番で

fireworks_Target-Store_2

す。1958年以来、百貨店メーシーズ主催の国内最大級の花火大会が恒例となっています。非常に多くの花火がイーストリバーやハドソンリバーのはしけから打ち上げられます。ロングアイランドシティ、ダンボ、ジャージーシティからの眺めは最高です。人々は日本の花見のように昼間の早い時間から場所取りをします。

PART 4. A day for waving the flag AND eating contests.

Expect to see a lot of American flags everywhere. Probably more so since 9.11, you’ll see American flags waving outside people’s homes, in the yard, attached to cars, and down most main streets you’ll see the stars and stripes waving in front of stores, as well as on bridges, government offices and public schools. If there are sports or parties going on, some people will wear the flag or put on face paint with red, white and blue.

wave flags  旗を振る、 旗がたなびく、 旗が掲揚される

星条旗を掲げ、早食い競争をする日  至る所で多くの星条旗を目にします。9.11以来さらに増えた気がします。家の外、庭、車につけられているのを目にします。大通りに出ると、橋、官公庁、公立学校だけでなく店の前でも星条旗がはためいているのを目にします。スポーツ大会やパーティーが開催されていると、星条旗のイメージの服を着ていたり、顔を赤、白、青にしていたりもします。

USA-flags_Manhattan
USA-flag_NYC-apartment
USA_flag-Mamaroneck+Town+NY
flags-on-display-NY
NY_suburbs_flags

 

 

 

 

 

 

Coney Island in Brooklyn is the home to Nathan’s Famous hot dogs. And that’s where the world record hot dog eating contest gets its game on. This year Joey Chestnut took home his 11th title and broke his own world record by scarfing down 74 hot dogs in ten minutes. Gross! And the women’s competition winner was Miki Sudo from Japan! She beat the heat and earned her 5th consecutive title, which is called the Mustard Belt. This year’s Fourth was hot and humid — I have no idea how they do it.

scarf down  がつがつ食べる   gross =disgusting, offensive   気持ち悪い、 反対の意味(素晴らしい)の場合もある

consecutive =  successive  連続した       hot and humid = muggy 

 

ネイサンズ(Nathan’s Famous)——-アメリカ合衆国を中心に、ホットドッグを専門とするファーストフード・チェーンを展開する企業である。(出典ウィキペディア)  

ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権——-1916年に、4人の移民が誰が一番愛国心を持っているかを示すために、ネイサンズの販売スタンド(1号店)の前でホットドッグの早食い大会を開いたのが起源と伝えられている。その後この大会は毎年7月4日の独立記念日に開かれている。2001年、日本人の小林尊が当時の世界記録の倍である50本を完食し、世界的なニュースとなった。(出典ウィキペディア)

ブルックリンのコニ―アイランドはホットドッグを専門とする企業、ネイサンズの創業地です。そしてネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権が開催される場所です。今年はjoey Chestnut が11回目の勝利を飾りました。10分間に74個のホットドッグを詰め込み自己ベスト記録を更新しました。女性部門の優勝者は日本の須藤美貴さんでした。暑さをものともせず5連覇を達成しました。これはマスタードベルトと呼ばれます。今年のFourth は蒸し暑い日でした。本当に超人的です。

PART 5. Why we celebrate The Fourth with fireworks and food.

The origins of how we celebrate The Fourth can be traced back to a letter from John Adams to his wife Abigail written in 1776. I found this letter somewhat mind-blowing as someone with the perspective of a person alive in the 21st century. (Which is a good thing.) I’ll read a quote from John Adams’s letter and leave it to you to contemplate further:

mind-blowing 衝撃を与える,とても驚くべき       perspective 視点、展望, 遠景の見通し

leave it to you それをあなたに委ねる  contemplate further  より深く熟考する、さらに考察する

なぜThe Fourth を花火や食べ物で祝うのか。 祝福の仕方は1776年にJohn Adams が妻のAbigailに書いた手紙にさかのぼることができます。21世紀に生きる私たちの視点を持つ人の手紙として衝撃を受けました。一部を読みますが、考察はあなたたちにゆだねます。

“I am apt to believe that it will be celebrated, by succeeding generations, as the great anniversary Festival. It ought to be commemorated, as the Day of Deliverance by solemn acts of devotion to God Almighty. It ought to be solemnized with pomp and parade, with shews, games, sports, guns, bells, bonfires and illuminations from one end of this continent to the other

from this time forward forever more.”

be apt to ~= tend to ~ succeeding  続く、次の deliverance  解放、救助

solemn    厳粛な、荘厳な     solemnaze     厳粛にする、(伝統・儀式にのっとって)祝う        shews = shows

「私は、これから先の世代が、この日を偉大な記念の祭典として盛大に祝福されると信じている。全能の神への厳粛な献身により解放の日としてたたえるべきである。この日は大陸の端から端まで至る所で、華やかなパレードやショー、ゲーム、スポーツを行い、号砲をとどろかせ、鐘を鳴らし、大かがり火を焚き、灯りを照らし、これから先も永遠に伝統として祝うべきである」

ENDING  Independence Day in the era of Donald Trump.

So now, regardless of your political views, if you live in New York, ethnic and national diversity is obviously a major part of our lives. The name “Independence Day” is complicated. It’s why nobody says, “Happy Independence Day” or “Enjoy your Independence!”  I mean, it is also important to note that Native Americans lived on this continent and each tribe had its own nation and forms of governance before the Spanish, Portuguese, Dutch and British expeditions or any settlers arrived in the centuries prior to 1776.

ドナルドトランプの時代における独立記念日

いまや政治的見解にかかわらず、ニューヨークに住んでいるなら、民族、国の多様性は明らかに私たちの生活に大きな部分を占めています。「独立記念日」という名前は複雑です。だからこそ、「独立記念日おめでとう」とか「独立記念日を楽しんで!」とだれも言わないのです。スペイン、ポルトガル、オランダ、イギリスの探検隊や、定住者が到着する前の1776年に先んじた何世紀もの間、アメリカ先住民がこの大陸に住んでいたのであり、それぞれの種族が独自の国と統治形態を確立していたことも特筆に値します。

Now that we live in a very diverse society, I notice how a lot of people have toned it down this year. It seems like people are looking inward in America and scrutinizing what we used to take for granted. It’ll be interesting, for sure, in the years to come to see if the Fourth can become a day to unite people from all backgrounds and inspire a renewed sense of pride and purpose. Until then, I’m  going to get another hot dog. Peace out.

prior to ~  ~より前に、~に先立って   Now that  S’  V’ ,  今や~なので、  governance  統治形態、支配形態

scrutinize    綿密に調べる、精査する    

take for granted   当然だと思う   peace out バイバイ、 またね

今や私たちは非常に多様化した社会にいるので、今年は多くの人の祝い方がおとなしめになっていると気づいています。人々がアメリカの内側を見て、以前は当然と思っていたことをつぶさに吟味しているように思えます。これから数年のうちにthe Fourth があらゆる人種・生い立ちの人々を一つにしてくれる日、これまでとは違う感覚の誇りや目的を吹き込んでくれる日になるか確かめるのは興味深いでしょう。その時までホットドッグを食べているとしよう。じゃあまたね。

 

Thanks for listening. Remember to hit that “like” button if you like what you heard, and get subscribed.  Hope you enjoyed a Happy Fourth no matter where you are!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です