Episode 5 ニューヨークで自転車に乗る(Bike New York) Part 2

*こちらから音声も聞けます。

iPhone: https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1390904619

Android: https://castbox.fm/va/1302016

Web: https://ny-breeze.koelab.net/

 また、Google HomeにOK,Google、最新のポッドキャストを使って<New York Breeze>を再生」

と呼びかけてみると、再生されます。

INTRO Episode No. 5: Bike New York – Part 2: It’s getting better all the time いつだって良くなっている

Hey guys, how are you doing? I’m Chris in New York. Welcome to the “New York Breeze:” A quick 5-minute podcast where you can enjoy hearing about life in New York and listen to one-minute notes and tips from a local. Our cohost in Japan is Shoko. She will be commentating and parsing this for our listeners in Japanese.

PART 1. Why biking saved my life. In a previous episode we talked about bike riding, or cycling, and how it has been soaring in popularity around the world for various reasons. A bicycle offers a cheap, fast and healthy way to commute. I consider the singer David Byrne to be one of New York City’s most influential longtime proponents of biking.

I consider  O  to be ~  私は O が~であると考える

proponent of ~  1 ~の提議[提案,主唱]者 .2 ~の支持者

なぜ自転車に乗ることが私を救ったのか。エピソード3では自転車に乗ることについて、そして世界中で様々な理由でどのように人気が高まっているのかお話しました。自転車は安く、早く、健康的な通勤手段です。シンガーであるDavid Byrne は長きに亘ってニューヨークで自転車に乗ることを支持してきた影響力のある人です。

“I cycled when I was at high school, then reconnected with bikes in New York in the late 70s. It was a good way of getting around the clubs and galleries of the Lower East Side and Soho. At that time almost no one else was riding, but I didn’t care what people thought.”

highlight  明るく照らし出す、強調する

「高校時代、自転車に乗っていたけど、70年代後半にニューヨークで再び乗り始めたんだ。Lower East Side や SoHo のクラブやギャラリーを回るのによい方法だった。当時は自転車に乗っている奴はほとんどいなかったけど、他人がどう考えるかなんて気にも留めなかった。」

This quote from an interview in The Guardian with David Byrne highlights how bikers tend to be independent. A bicycle symbolizes freedom because the rider can pretty much go anywhere for free, without gas or a motor. And you don’t have to follow a schedule. And at the same time, it’s a big reason why some motorists scorn cyclists.

I love biking, because it’s invigorating and fun. I have to say that biking has helped me get through some of the most emotional and stressful periods in my life and has helped make me a more patient and appreciative person.

pretty much = almost  ほとんど、だいたい、ほぼ

invigorating  元気づける、爽快にさせる

get through 〈困難な時〉を切り抜ける;

このガーディアン紙のDavid Byrneのインタビューの引用は バイクに乗る人がいかに自由に単独に移動できるかを特に明るく照らし出している。 ガソリンもモーターも使わず無料でほぼどこへでも行けるので自転車は自由の象徴です。そしてスケジュールに縛られる必要もありません。同時にそのことが自動車に乗る人が自転車乗りをねたみ、見下す大きな理由でもあります。

私はサイクリングが大好きです。爽快な気分になれるし、楽しいですから。自転車のおかげで、私は人生のうち最も情緒不安定でストレスの多い時期を乗り切ることができたし、前より忍耐強くなり、感謝の気持ちを忘れない人になることができたと言わざるを得ません。

“It’s getting bettr all the time.” The Beatles のアルバム Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band の4曲目に収められている “Getting Better” の始まりで有名なフレーズ。 2004年に発売されたカントリーミュージックデュオBrooks & Dunnの曲名でもある。

David Byrne——–1974年から1991年まで活動したアメリカのロックバンド、トーキング・ヘッズでの活動でも知られる。イギリスで生まれ現在はニューヨーク在住。(出典ウィキペディア)

トーキング・ヘッズ( talking heads)——ニューヨーク・パンクの拠点となったライブハウス「CBGB」出身のバンド。メンバーは名門美術大学、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインの出身で「インテリバンド」と呼ばれることが多く、初期はパンク・バンドとされていたが、ボーカルのデヴィッド・バーンがアフロ・リズムに傾倒し、それを大胆に楽曲に取り入れるようになると、ポスト・パンクとされるようになった。(出典ウィキペディア)

PART 2. It’s getting better all the time. When we commute by bike, it wakes us up. By the time you get there, having dealt with a little bit of New York traffic along the way, you’ll be ready to face a tough day at work. On the other hand, I’m definitely not in love with all the potholes and other road hazards, nor the gnarly traffic. But the good news is: things are getting better.

pothole  舗装路面のくぼみ、陥没     road hazard  道路の状態が極めて悪いこと

gnarly traffic = heavy( bad ) traffic

いつでも良くなっている。 自転車で通勤すると、消え去ります。職場に着く頃には、ニューヨークの(ひどい)交通にある程度対処した後で、職場での大変な一日に立ち向かう心構えができるのです。とは言っても、道路の状態が極めて悪いことや、ひどい交通量は絶対に好きになれません。でも、うれしいことに事態はよくなっているのです。

One key reason is the financial services community loves biking and former mayor Bloomberg gave the green light to CitiBank to sponsor a bike-share program called CitiBike. Now our current mayor DiBlasio deployed a program called Vision Zero that aims for zero traffic fatalities. The result has been more bike lanes, less fatalities, and an increase in bike ridership.

give the green light ——-to give permission for someone to do something or for something to happen

deploy  配置する、展開する

fatality [通例複数形で] (事故・戦争などによる)死,死者(の数) cf. fatal 致命的な、破滅的な

鍵となる理由は金融サービスが自転車に着目し、前市長のBloombergがCityBankがCityBikeと呼ばれるバイクシェアプログラムに出資するのにゴーサインを出したことです。現在の市長 DiBlasioは交通事故死ゼロを目指すVision Zero と呼ばれる計画を展開しています。その結果として自転車専用レーンが増え、交通事故死が減り、自転車利用者数増加につながったのです。

PART 3. The stats. In 2017 the city undertook a comprehensive analysis of cyclist safety and ridership. Here are the results.

stats  statisticsの略   統計的なデータ     

comprehensive  1. 包括的な、総合的な 2. 理解力のある

統計数値  2017年にニューヨーク市は自転車利用者の安全と利用数の総合的分析に着手しました。以下のような結果が出ました。

* 24% of adult New Yorkers, nearly 1.6 million people, ride a bike.

* Of those adult New Yorkers, more than eight hundred thousand ride a bicycle regularly (at least several times a month).

*成人ニューヨーカーの24パーセント、つまりほぼ160万人が自転車に乗る。

*その中で80万人を越える人が定期的(少なくとも月に数回)自転車に乗る。

* About 86,000 adult New Yorkers, 2.5% of all commuting residents, usually bike to work or school.

* Back in 1980, only 9,700 people commuted to work by bike. Ten years later, the number was slightly down to 9,600.

*約8万6千人の成人ニューヨーカー、つまり通勤住民の2.5パーセントが自転車で職場または学校へ行く。

*1980年には自転車通勤者は9700人にすぎなかった。10年後、9600人とわずかに減少した。

* However in over the course of the 1990s the number increased to 15,000 by 2000.

* In 2010, we saw 25,000 commuters, and by 2016, 45,800 people were commuting to work by bike on a daily basis.

*しかしながら、1990年代の間に増え、2000年までには15000人に達した。

*2010年には、自転車通勤者は25000人になり、2016年までには45800人が日常的に自転車で通勤している。

* 156% growth in daily cycling between 2006 and 2016.

* Between 2011 and 2016, Cycling to work in NYC has grown nearly 2x faster as other major cities (2011 and 2016).

*2006年と2016年の間に日常的に自転車に乗る人は156パーセントの増加である。

*2011年と2016年の間にニューヨークでの自転車通勤者は他の主な都市のほぼ2倍の速さで増加している(2011年と2016年)。

* Cyclists responsible for just 0.4% of pedestrian fatalities.
*歩道通行者の死亡事故の加害者となった自転車通行者は0.4パーセントにすぎない。

So that’s great news overall. New York City bicycle ridership is way up, and fatalities are flat.

全体として素晴らしい結果です。ニューヨーク市の自転車利用者は増加していて、死亡事故者数は横ばいなのです。

If you’re interested in this subject you can find the links to the reports in the description section of our podcast:  この話題に興味があるなら、以下のような資料(pdf)があります。

NYC Vision Zero 4-Year Report https://www1.nyc.gov/assets/visionzero/downloads/pdf/vision-zeroyear-4-report.pdf

http://www.nyc.gov/html/dot/downloads/pdf/bike-safety-studyfullreport2017.pdf NYC 2018 Cycling in the City Report
 http://www.nyc.gov/html/dot/downloads/pdf/cycling-in-the-city.pdf

 

Part 4. Vision Zero “Your choices behind the wheel matter.” ビジョンゼロ「運転しているあなたの選択が重要なのです。」      matter  v. 問題である、重要である

Our current Mayor is Bill DiBlasio. He’s from Brooklyn and one of his most famous initiatives so far has been “Vision Zero.” There’s a popular phrase I notice that’s used a lot when talking about bikes in the city.  The Mayor has made

vision-zero-bumber-sticker-on-car

safer streets a priority for his administration, and Vision Zero is supposed to induce “traffic calming.” This is where bikes are intentionally sharing the road, in an attempt to encourage motorists to slow down, keep to the speed limit and follow traffic rules.  It works !

traffic calming 交通静穏化 住環境保全や交通安全のために自動車交通を抑制する取り組み

現在の市長はBill DiBlasio です。ブルックリン出身でこれまで率先して取り組んでいる有名なことのひとつがビジョンゼロです。市の自転車について話すとき、多用される人気のあるフレーズがあります。市長はより安全な道路を目指すことを施政の最優先事項としていて、ビジョンゼロが自動車交通を抑制することにつながると考えているのです。自動車と自転車が意図的に道路を共有するのです。自動車運転者がスピードを落とすよう促し、スピード制限を守り、交通規則に従うことをねらいとしています。効果があらわれています!

Will we ever be Number 1 in the worldwide list of  “The 20 Most Bike Friendly Cities on the Planet ? Nope. That’s for Scandinavia. Biking occupies a unique space in the way people think about New York City at this time in history.  For the past 20 years New York City has gotten safer. The city has become nationally and internationally recognized for our efforts to create safe street designs, but we still have a long way to go if we want to ride like people in Copenhagen.

この地上で私たちの街ニューヨークが自転車に優しい都市20の第1位になることがあるでしょうか。いいえ、スカンジナビア諸国にはかないません。自転車は長い歴史上かつてない独特の視点でニューヨークについて考えるのに役立っています。ここ20年の間にニューヨーク市はより安全になりました。この街は国内でも世界的にも安全な道路を設計する努力が認められていますが、コペンハーゲンを目指すなら、まだまだ道のりは遠いです。

PART 5. Know before you go: Important things to know: 自転車で出かける前に知っておくこと

1. Stay safe, wear a helmet.

2. Make sure that your bike is correctly fitted. By that I mean, you have to have the proper size bicycle with the saddle height set comfortably.

3. Test your brakes and gears before going into traffic.

4. No riding on the sidewalk. Only kids 12 and under are allowed to ride on the sidewalk in New York City. 5. You are allowed to ride on either side of the street going in the same direction as traffic. In other words, follow the flow of traffic. When riding on avenues like Amsterdam Avenue on the Upper West Side, the bike lane is to the far left. And just know that the bus lane on cross-town streets and avenues is always on the far right. It’s better to keep away from buses. Don’t make the bus driver’s life any harder.

6. Adjust to changing conditions and try to exercise your best judgment.

Madison Ave_sometimes_light_traffic

1.  安全のためヘルメットをかぶろう。

2.  自転車が身体に正しく合っているか確認しよう。つまりサドルの高さが快適か。

3.  道路に出るまえにブレーキとギアを確認しよう。

4. 歩道を走らない。ニューヨーク市では12歳以下の子どもだけは歩道を走るのが許されている。

5. 自動車と同じ方向に走るならどのㇾ―ンを走ってもよい。つまり、流れに従いましょう。アッパーウエストサイドのアムステルダムアヴェニュー(南北通る道路)を走るときには、自転車走行レーンは1番左です。アヴェニューとストリートではバスレーンは右端です。バスか

bike lane

ら離れているのが良いです。バスドライバーにこれ以上迷惑をかけないようにしよう。

6. 変化する状況にあわせ、最善の判断を下そう。

crosstown ―― going from the east side to the west side of Manhattan, or vice versatility

ENDING All right folks, thank you for taking time out of your day to listen to our podcast. I hope that the next time you’re in New York City, or any new place for that matter, maybe you rent a bike or bring your own Brompton or another kind of folding bike. Renting a bike is a great way to beat jet lag and get a feel for an area.

get a feel for ~を感じ取る、~の感触をつかむ

次にニューヨークに来るときには、自転車を借りるか折りたたみ自転車を持ってくるといいよ、時差ボケも吹き飛ぶし、この街を肌で感じることができるよ。

Until next time, stay engaged, keep informed, and know what’s up.  Bye for now.

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です