Episode 13 ブルックリンではスペシャルティコーヒーが熱い (Specialty Coffee Thrives in Brooklyn)

 

*こちらから音声も聞けます。

iPhone: https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1390904619

Android: https://castbox.fm/va/1302016

Web: https://ny-breeze.koelab.net/ 

Spotify: https://open.spotify.com/show/64NUK7gSfkzqlrzENTAqGB?si=ZdKHdLWASZSYrMaEFqPg6A

Googleポッドキャスト: http://bit.ly/ny-breeze

また、Google Homeで「OK,Google、最新のポッドキャストを使って<New York Breeze>を再生」

と呼びかけてみると、再生されます。

PART 1.          Today’s topic: Coffee in New York — “Specialty coffee thrives in Brooklyn”

devocion-brooklyn
JOE-brooklyn-heights

今回のトピックはニューヨークのコーヒー ——–  「ブルックリンではスペシャルティコーヒーが熱い」です。

thrive  栄える

  CRAFT COFFEE IN BROOKLYN ブルックリンのクラフトコーヒー

Most of us New Yorkers live off coffee. According to national statistics, we New Yorkers drink about 7 times more coffee than the rest of America. As long as it’s strong, we’re happy. But what if you want your coffee black and to be able to taste layers of natural flavor and sweetness without adding any sugar or other sweeteners? Or how about being able to taste some typical characteristics of the place where it was grown, or be able to recognize the varietal of the coffee tree the beans came from?

live off   に頼って生きている。  as long as ~ ~である限りは、~でありさえすれば

私たちニューヨーカーのほとんどがコーヒーなしでは生きていけません。統計によると、ニューヨーカーは他の地域のアメリカ人の7倍のコーヒーを飲むそうです。濃ければ満足なのです。でもブラックコーヒーで 砂糖や他の甘味料を入れず自然の風味や甘さを味わうことができたらどうでしょう。またはコーヒー豆が栽培された場所の典型的な特徴を味わうことができるのは?またはその豆のとれたコーヒーの木の品種がわかったらどうでしょう?

The so-called third wave, or craft coffee, or micro-brew coffee shops abound in Brooklyn. A lot of established and up-and-coming neighborhoods all round Brooklyn have roasting businesses and cafes with coffee brewed to order. And today, I’m going to give you a little tour of some of my favorites.

abound たくさんある、富む   up-and-coming 来るべき、成功する見込みのある

いわゆる第3の波、クラフト・コーヒー、マイクロ・ブリュー・コーヒー(一杯ずつ丁寧に淹れるコーヒー)のカフェはブルックリンの至る所で見ることができます。ブルックリンのあちこちで新しくできた、または出店予定のお店の多くは、焙煎ビジネスや注文に応じてコーヒーを入れてくれるカフェなのです。今日は私のお気に入りの場所をいくつかご案内します。

PART 2. West Coast Innovation, or Japanese Tradition made American? 西海岸の革新—-日本の伝統が生み出した?

Williamsburg has become the mecca for specialty coffee in New York City.   So-called “third wave” coffee was first pioneered in

coffee-in-brooklyn

the U.S. about 6 to 10 years ago on the West Coast, especially in Oakland and San Francisco, California, Portland, Oregon and Seattle, Washington. But this approach to small-batch roasting and micro-brewing have been common practice across Japan: Things like “pour over,” “Nell Drip,” “Kyoto Drip,” and “syphon brewing,” have been the province of small cafes throughout Japan, where the staff carefully sort the coffee beans and the barista brew with the utmost care and precision to the point where the process of brewing and then drinking a single cup of coffee looks and tastes like a journey from farm to cup.

innovation 革新、刷新 province  地方、領域、分野、職分、本分、

ウィリアムズバーグがニューヨークのスペシァリティコーヒーのメッカになっています。いわゆる「第3の波」コーヒーはアメリカ西海岸に6年から10年前に上陸しました。特に、オークランド、サンフランシスコ、カリフォルニア、ポートランド、オレゴン、シアトル、ワシントンに。でも、この小さなバッチの焙煎やマイクロブリューイングの工程は日本で一般的に行われてきたことです。ドリップ式、ネルドリップ、京都ドリップ、そしてサイフォン・ブリューイングは日本のいたるところにある小さな喫茶店での領分なのです。そこではマスターが注意深く豆を選び、最大限の思いやりと正確さでコーヒーを淹れてくれるので、一杯のコーヒーがコーヒー農園からカップに届くまでの旅の道のりの味わいなのです。

*ネルドリップは「ネル」と呼ばれる布のフィルターを使ってコーヒーを淹れるドリップ方法

*京都ドリップはコーヒーの粉に冷たい水を一滴ずつ落としながら時間をかけて抽出する淹れ方、日本でいう水出しコーヒー

Unfortunately, the one aspect of what I’ve just described that we completely screw up in NYC is we rush it. Everything here is go, go, go, and in New York we’ve found a way to speed up the craft coffee.

So today I’m going to share some of my personal favorites and the three main criteria I go by are: quality, integrity and originality.   rush 急がせる、急いで行う screw up 台無しにする、大失敗する criteria  基準 (criterionの複数形)

integrity  誠実、高潔、品位、完全性

残念ながら、ニューヨークで私たちが今述べたようなコーヒーの旅を完全にダメにしてしまう原因のひとつには私たちが急いでしまうことにあります。ここではすべてが行け、行け、行け、ですから。クラフトコーヒーを短時間で淹れる方法が編み出されました。今日は私の個人的なお気に入りをご紹介します。基準としたのは質、高潔、独創性の3つです。

PART 3.            My favorite place for a Pour Over: Devocion  プアオーバーならDevocion

Pour-Over Coffee

* プアオーバーは一杯ずつ丁寧に淹れるコーヒー、日本でいうハンドドリップ

No cost was spared in building Devocion on Grand Street. The name is Spanish and its meaning is the same as in English “devotion.” All the coffee comes from Colombia. These guys are no joke. They roast only “fresh crop” which is flown in direct from harvest from mountainous farms in Colombia and when you walk in you can see the coffee being roasted on-site. Walk a little further inside, and there is the coffee bar. A single cup of coffee will easily cost (with tip) $5 to $10. For the amount of effort — for this level of devotion — they put into producing and transporting the coffee, that doesn’t seem too steep of a price to pay. Devocion serves espresso drinks and coffee cherry tea (cascara) but their pour overs are syrupy and heavy bodied.

No cost was spared in building ~.   ≒ They spent a lot of money on it.  / They had an unlimited budget.

 no joke——-  “the real deal” or anything or anyone who is serious, or serious about quality

steep price 法外な値段 syrupy シロップ状の、濃厚な  heavy bodied  重量感がある

Devocion 店内
Devocion

グランドストリートにあるDevocionを建てるのには惜しみなく金が使われました。名前はスペイン語で意味は英語の’ devotion (献身)と同じです。コーヒーはすべてコロンビア産です。こちらは本物志向です。コロンビアの農園で収穫されてすぐ空輸されてくるフレッシュな豆ではなく実を焙煎するのです。店に入るとコーヒーが焙煎されるのを実際に見ることができます。さらに奥に進むと、コーヒー・バーがあります。一杯の値段はチップ込みで5ドルから10ドルです。産地から一杯のコーヒーになるまでの労力を考えたらーーー献身の度合いを考えたら——–法外な値段ではないでしょう。Devocion はエスプレッソ、コーヒー・チェリー・ティー(カスカラ)を出し、ポアオーバーは濃厚でどっしりと重量感のある味わいです。

*コーヒーチェリーティー(英語: Coffee cherry tea)はコーヒーノキの実(コーヒーチェリーまたはコーヒーベリーと呼ばれる。)で作られたハーブ

Coffee Cherry Tea

ティー。スペイン語で「籾」を意味 するcáscaraに由来するカスカラという名称でも知られる。(出典ウィキペディア)

 

 

 

 

PART 4. My three favorite places for espresso, cold brew and a bag of coffee: Cafe Grumpy, City of Saints, and… Parlor.

Cafe Grumpy opened on Meserole Avenue in Greenpoint in 2005. Their cold brew is bomb and so is their espresso. I like to get bags of coffee from Cafe Grumpy and right now they have an Ethiopian coffee that I really love. ‘Nuff said. Also, my other favorite for cold brew is in Bushwick at City of Saints. Their espresso and drip coffees are solid too, but consistently I have had cold brew from them that just makes me feel like a better person for having it. In a slight coincidence City of Saints is on Meserole Street and Grumpy is on Meserole Avenue — two completely different parts of Brooklyn about 2 miles away from each other. Another great spot for getting bags of roasted coffee is Parlor Coffee Roasters on Vanderbilt Avenue. They usually host a public tasting session on Sundays, and at Parlor you can try another of my top, most-favorite cold brews in Brooklyn.

Their cold brew is bomb. 最高である、おいしい(名詞 the bomb や 形容詞 bomb はdelicious の意味でも使われる)

‘Nuff said. = Enough said これ以上説明の必要はない     solid 最高である   

 

Cafe Grumpy
Parlor Coffee Roasters
City of Saints

Cafe Grumpy は2005年にグリーンポイントのメスロール・アヴェニューに開店。コールド・ブリューがとてもおいしく、エスプレッソも同様です。私はこのカフェ・グランピーで家庭用豆を買うのが好きです。今はエチオピアコーヒーを扱っていてとてもおいしいです。  また、ブシュウィックにあるCity of Saintsのコールド・ブリューもお勧めです。ここはエスプレッソやドリップ・コーヒーも最高ですが、私はいつもコールド・ブリューを頼みます。自分がよい人になった気がしますから。偶然にも、City of Saintsはメスロール・ストリートに、カフェ・グランピーはメスロール・アヴェニューにあります。2者は全く違う場所でお互い2マイル離れていますので、お間違えなく。他にも家庭用豆を買うならヴァンダ―ビルト・アヴェニューにあるパーラー・コーヒー・ロースターも素晴らしい。毎週日曜日に一般の人向けにテイスティング・セッションを開催し、ここのコールド・ブリューもブルックリンで最高のものの一つです。(  *Cafe Grumpy , City of Saints の地図は最後のコラム「BROOKLYN街歩き」をご覧ください。)

PART 5. My favorite Cortado: Blue Bottle on McKibbin Street in Bushwick 

In early 2018, Blue Bottle New York moved its roasting operation deeper into Brooklyn. Their new flagship roastery in addition to the cafe at the entrance also has tasting rooms and an educational space for their baristas who undertake rigorous training. Tours are sometimes possible. They also serve a delicious pour over but something about their cortado with oat milk has me really over the moon.flagship  旗艦  rigorous 厳しい、厳格な  

2018年初めにニューヨークのブルーボトルは焙煎業務をブルックリンに移しました。入口にカフェが併設された新しい焙煎旗艦工場にはテイスティング・ルームや厳しい訓練が行われるバリスタを目指す人のための教育施設もあります。見学ツアーも可能です。ポアオーバーもおいしいですが、ここのオートミルクの入った「コータード」には大満足です。

 

cortado

A cortado is equal parts double ristretto espresso shot with milk (dairy, almond, or oat milk). Blue Bottle is famous for their hospitality and long lines. This location tends to be more mellow and its where they roast all of their coffee for the region.

mellow   ≒ quiet

コータードはリストレット・エスプレッソのダブルに牛乳やアーモンド・ミルクやオートミルクを加えたものです。ブルーボトルはもてなしの良さで知られていて、行列ができています。以前の場所より静かであたりのカフェの焙煎も行っています。

*リストレットとは、通常の量のコーヒー豆を半分の量の水で抽出するエスプレッソであり、より早く抽出される物質が成分の大半を占める。より力強く、熟成した味で、こくがあり、苦味が少ないと言われている。

OUTRO

All right. Thank you for listening and taking time to enjoy our podcast. If you like what you hear, hit that ‘Like’ button, shoot us a review, and get subscribed. Until next time, Peace out!

 

Ref.: https://www.businessinsider.com/infographic-new-yorkers-drink-seven-times-more-coffee-than-everyone-else-2012-5

——-BROOKLYN街歩き (Meserole Avenue、Meserole Street )——–

Cafe Grumpy on Meserole Avenue
City of Saints on Meserole Street

 

 

 

 

 

 

カフェ・グランピーのあるグリーンポイントのMeserole Avenueと、City of SaintsのあるMeserole Street。どちらも東西に延びる道路で、ニューヨーカーにとってもまぎらわしいようです。1863年に設立された由緒あるブルックリン歴

ブルックリン歴史協会

史協会(The Brooklyn Historical society) でさえグリーンポイントの案内に Meserole Street の教会の写真を載せてしまったそうです。

Meserole Avenueの名前の由来は、そのあたり一帯の果樹園(リンゴ園)を所有していたMeserole一族にあります。1846年、 Adrian Meserole が住宅の建設を許可し、道路ができました。グリーンポイントで最初の道路と言えるものでした。果樹園は次々と住宅地になり、それに伴い Avenueも長くなっていきました。果樹園はなくなりましたが、Adrian Meseroleは大富豪になったそうです。Meserole Street もMeseroleという人にちなんで名付けられました。現在では、通りを歩くと数多くのストリートアートに出会います。ブルックリンには1800年後半に多くのビール醸造所ができたのですが、ウィリアムズバーグに残っている建物のうちの2つをこの通りで見ることができます。